本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2018年12月13日

産業医学推進研究会の今後10年のあり方を検討する委員会

アンケート調査依頼

2018年11月25日 西 賢一郎(産業医学推進研究会の今後10年のあり方を検討する委員会 議長)


今回は、表題の件で、会員の皆様にお願いがありまして、ぜひとも多くの方々にご協力いただけますようよろしくお願いいたします。

産推研は、10年ごとに次の10年をどのような会にするかという検討会が開催されています。
平成10年(1998年)、平成20年(2008年)に続き、今回3回目の検討会を行っています。

私は、今回の検討会の議長を拝命しており、平成28年(2016年)より、下記14名のメンバーで2008年からの10年の振り返りと、今後10年の方向性について議論を行っています。これまで5回の検討会を開催しました。
昨年、理事会に中間答申を提出しましたが、現在はその後の検討を行っています。
最終答申は産推研HPに掲載いたします。
(参考:http://www.sansuiken.org/rijikai/rijikai.html

先日の全国大会においても、「守破離」と師の教えを守りつつ、それを進化させ、更には成長していくことをテーマに開催されましたが、この30年の節目を迎えるにあたり、産推研はこれまでのスタイルから変革することが必要であると議論しています。
委員だけで議論していると話が偏る可能性が非常に高いということになり、産推研史上初のアンケート調査を行い、会員の皆様のお考えやご意見を聞くこととなりました。
先日(11月17日)開催の産推研理事会で承認され、実施に至っております。

このアンケートの質問は、検討会で委員が話題にしたテーマが盛り込まれております。
ぜひ会員の皆様の声を頂戴いたしたくご協力をお願いしたい次第です。

ーアンケート調査ー
下記のリンクをクリックいただきますと、アンケートのページに移ります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.sansuiken.org/arikata.html

回答に要する時間は10分程度です。質問が長いですが、ご了承ください。

締切は、12月20日(木)とさせていただきます。
結果は次回検討会の議題とさせていただき、最終答申に反映させます。

皆様の貴重なご意見をお待ちしております。
多数のご協力をよろしくお願いいたします。


産業医学推進研究会の今後10年のあり方を検討する委員会
議長:西 賢一郎(東海 医)
委員:佐藤 裕司(理事会 医),山ア 明(理事会 医),山瀧 一(理事会 医),守田 祐作(理事会 医),
中谷 淳子(理事会 看),樋上 光雄(理事会 環),坂本 宣明(関東 医),吉積 宏治(九州 医),
深井 恭佑(近畿 医),小笠原 隆将(関東 医),水口 要平(東海 医),國枝 佳佑(近畿 医),田崎 祐一郎(九州 医)


バナー

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索